C/S Bridge(Web版)

C/S Bridge Web


■2019年9月30日をもちまして、「ケア・サービス for C/S Bridge」はサービス終了いたしました。
■2018年10月2日をもちまして、C/S Bridgeの「ライセンス提供サービス」はサービス終了いたしました。
既存のお客様のライセンスの使用権は有効ですので、継続してご利用可能です。

サービス終了に関する「よくあるご質問」は、以下をご参照ください。
https://www.packcenter.gr.jp/pcweb/FAQ.nsf/8adfd5705cf86583492570c70014805f/72c621c4013c1db44925832800375764?OpenDocument




C/S Bridge(Web版)

IBM System iにおけるアプリケーション開発革命!

IBM System i におけるアプリケーション開発でも、Client/Server (C/S)型やWeb型が増えてきています。しかし、System i の開発言語シェアはRPG(Report Program Generator)が圧倒的(IBMロチェスター研究所による2004年の調査では90%)であり、開発リソースなどの問題によりCUI画面での開発を 選択し、C/S型やWeb型のシステム構築には踏み切れないケースがまだまだ多いようです。そこでご提案するのが「C/S Bridge」です。C/S Bridgeなら、現状の開発リソースを有効利用し、RPGで高パフォーマンスのC/S型・Web型システムを容易に構築することができます。



C/S BridgeはIBMの「IPサービス・コンポーネント」です。 (IP:Intellectual Property = 知的財産)

Web版の主な特長
  • Java™ ベースでのWebアプリケーション/サービス構築が可能です(マルチプラットフォーム対応)。
  • Servlet用のセッションを作成して保持するモードを提供。
    セッション固有の資源(QTEMPやライブラリー・リスト)を継続して利用することができます。
  • C/S版で開発したSystem iのプログラムをそのまま利用可能。
    ビジネス・ロジックはSystem iで開発し、プレゼンテーション・ロジックはクライアント側で開発する分離型開発スタイルにより、RPG/COBOLプログラマーのスキルをWebアプリケーション開発に活かすことができます。
  • WebサーバーとSystem iとの間の通信機能のみの利用も可能。
    Pure Javaで開発されているため、Strutsなどのフレームワークと組み合わせて利用することができます。
  • C/S版と同じAPI(Application Program Interface)を提供。
    C/S版を利用したことのあるプログラマーはWeb版も同様に扱うことができます。


C/S Bridge(C/S版)、(Web版)